資産家の孫『スレイヤーズすぺしゃる9 イリーズの旅路』

神坂一さんのライトノベル『スレイヤーズすぺしゃる9 イリーズの旅路』。富士見ファンタジア文庫より平成8年4月25日に初版が発行されました。『イリーズの旅路(前編・後編)』『闇の住まう村(前編・後編)』『理由なき冤罪(前編・後編)』と、書き下ろしで『闇の住まう村』の後日談となる『スレイヤーズすぺりおぉる 暗殺者(アサツシン)たちの夜』で構成されています。
『イリーズの旅路』では、イリーズの祖父の依頼で、彼女を祖父の元に連れていくことになったリナとナーガ。しかし、道中イリーズを狙う刺客が襲ってきた。祖父は資産家のようで財産争いではないかと感じたリナは、祖父の元に送り届けたあともしばらく護衛をすることとなった。
『闇の住まう村』では、暗殺者の村の村おこしを、村おこしを中心的な人物ギザンの依頼を受けて手伝うことになったリナとナーガ。しかし村へ行ってみると村おこしに反対派がいることが判明。リナ達も命を狙われることになる。kireimo 料金