手紙が書きたくなる本。小川糸さんの「ツバキ文具店」

小川糸さんの「ツバキ文具店」という小説。最近では最も心に残った小説です。久しぶりに心温まる小説に出会えたという感じです。鎌倉にある文具店の店主さんのお話です。鎌倉の名所が本の中に沢山登場して、鎌倉を旅行しているかのような気分にもなれる本です。私は文房具が大好きなので文具店という本のタイトルにまず魅かれました。おばあちゃんの代から引き継いだ手紙の代筆業というお仕事が小説のテーマです。そして代筆を頼んだ依頼人の状況や気持ちに合わせて文面を考えるのはもちろんのこと、手紙に使う紙や筆記用具にもこだわるというところがとても興味深かったです。本には実際に書かれた手紙も載っています。活字ではなくとても綺麗な字で書かれた手紙を見ていると、改めて手書きの手紙っていいなと思います。筆記用具、紙を相手の事を思って選んで誰かに手紙を書きたくなりました。最近では小学校で手紙の書き方、封筒の宛名の書き方を習います。でも家に送られてくるダイレクトメールの封筒にはのりしろがある裏面に宛名が書かれているものがあったりします。という小説。久しぶりに心温まる小説に出会えたという感じです。
鎌倉にある文具店の店主さんのお話です。鎌倉の名所が本の中に沢山登場して、鎌倉を旅行している気分になる本です。私は文房具が大好きなので文具店という本のタイトルにまず魅かれました。
おばあちゃんの代から引き継いだ手紙の代筆業というお仕事が小説のテーマです。そして代筆を頼んだ依頼人の状況や気持ちに合わせて文面を考えるのはもちろんのこと、手紙に使う紙や筆記用具にもこだわるというところがとても興味深かったです。
本には実際に書かれた手紙も載っています。活字ではなくとても綺麗な字で書かれた手紙を見ていると、改めて手書きの手紙っていいなと思います。
最近では小学校で手紙の書き方、封筒の宛名の書き方を習います。でも驚くことに家に送られてくるダイレクトメールの封筒にはのりしろがある裏面に宛名が書かれているものが結構多いです。手紙の文化も日本人としてしっかり引き継いでいきたいものです。aletheia 脱毛

飛行機からビラと一緒に落ちてくる落下傘には何が付いているのか。

実家に里帰りしました。70歳が近い母が、飛行機から降ってくる落下傘を拾おうと走ったのに拾えなかった夢を見たと言っていました。母が子供の頃は飛行機からビラが撒かれてその中に何個か落下傘が混ざっていたんだそうです。母は1度も落下傘を拾えた事が無く何が付いていたのかずっと気になっているんだそうです。そこでインターネットで調べてみました。しかし落下傘を拾った話はあるのに何かが付いていたと書かれているものがありません。おそらくただの落下傘で何も付いていなかったんじゃないかなと言うことになりました。飛行機からビラが降ってくるなんて考えただけで楽しそうです。環境問題でやらなくなったのかなと私は思ったのですが、母は建物や車が増えて危ないからじゃなかなと言っていました。そういえば、花火で落下傘が落ちて来るやつを拾うのが子供の頃好きだったのを思い出しました。まだ売っているなら次の夏は子供を連れて里帰りした時に母と一緒にやりたいなと思います。キレイモ 自己処理 顔