「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン5 第5話を見て

アメリカドラマ「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン5の第5話を見ました。
なんとキャッスルが事件の犯人に仕立て上げられてしまうという、前回とは打って変わってシリアスなストーリーでした。キャッスルに不利な証拠がどんどん出てきて絶体絶命のピンチになり、どうなることかとハラハラしながら見ていました。非常事態だということで、キャッスルとベケットが恋人同士であることがエスポジートやラニの知るところとなりましたね。でも変に茶化されたり怒り出されたりするより、良い展開だったのではないでしょうか。
結局黒幕は3XKだったのですが、一瞬誰なのか理解できず、以前に登場した人物だという記憶をよみがえらせるのに時間がかかりました。とにかく超人的なのでただただ怖かったです。何発も撃たれた上に海に落下したというのに、どうやら生き延びたらしいというラストシーンには心底ゾッとしました。なかなかにハードな内容だったのが予想外でしたが、最後まで面白かったです。5 万 借りる