バイクSHOPの2りんかんに行ったお話をします

私は、ここ10年は知人が経営するバイク屋さんを利用していたのですが、経営難で知人がお店を閉めてしまい、代わりに面倒を見てくれるバイク屋さんを探していました。そんな折、バイクのバッテリーがダメになり交換しなければダメになってしまいました。割かし家から近く、各車種にも対応してくれる『2りんかん』に持ち込むことにしました。2りんかんは、整備や修理以外にバイク用品が豊富に揃っていて、バイクのオワシスのようなお店でした。新しいバッテリーを購入して、バッテリー交換をしてもらいました。手際が良く約30分でやってくれました。待っている間は、バイク用品をいろいろと見てました。ヘルメット、グローブ、ブーツなど欲しいものがたくさん置いてありました。が、どれもお値段が高いので、なかなか手がでない感じです。でも、ヘルメットでかなり気に入った物があり、次回はヘルメットを購入したいと思います。でも、2りんかんは量販店のようなお店なので、知人のバイク屋がいとおしく感じます。

ばばあでもゴキブリに悲鳴を上げたりします

おばさんですら、ゴキブリを見て悲鳴を上げます。イラっとします。同じばばあですが、ばばあ何騒いでるのかと思ってしまいます。あんた、ばばあだろ、と思います。もちろん、ゴキブリをたたいて、退治します。足で、外に出すこともできます。それなのに、悲鳴まで上げるとは、あげてもいい、退治できるなら許します。ただし、こちらにすがると、むかつきますよね。おなじばばあでも。
こんなばばあが増えているのに、日本やばくないですか。誰が、ゴキブリを取るのですか。若いお嬢様でしょうか。美しい上品なお嬢様とばばあが同じということです。平等ですから。
こんな世の中おかしいですよね。ただし、こちらもばばあでも、毛虫は無理です。気持ち悪いです。その時には、ギャーとなります。何とか、道具を使ってそとにださないといけません。いたらの場合です。
ばばあで不思議なのは、それこそ、カブトムシはよくてゴキブリはだけというところです。カブトムシも同類です。ベルタ 葉酸 安い