子供が真夜中に起きて遊ぶ日々が続いております

子供を昼間連れまわして散々遊ばせて疲れさせたはずなのに、真夜中に起きて電車のおもちゃで遊び始めた時のショックは計り知れません。
嘘でしょう。どうしてこんなことにと思いつつ、まだ寝てくれるのではないかという希望を抱きながら寝たふりをしました。

髪の毛を引っ張られたり顔面に乗られたりしても寝たふりをしていましたが、最終的には子供が全体重をかけて乗ってきたので起きましたよ。
起きたところでこっちは眠いし、遊んだら最後、気が済むまで遊ばなきゃいけなくなると思って寝ましょうねと言い続けました。

子供はそれはそれは楽しそうに電車の音を鳴らしていましたよ。
私の話なんて聞いちゃいませんでしたね。
私はとにかく眠くて、でも子供が起きているから寝れなくて、どうしたらいいのだろうと考えていました。

そして目が覚めたんですよ。
いつの間にか眠っていたんですね。子供も私の横ですやすや寝ていました。
最近こうやって夜中に起きるので本当に困っています。こういう時ってどうするのが正しいのかよくわからないんですよね。キレイモ 値段

かなりスピーディーな裁判が実際はほとんど

かつて仕事のひとつとして裁判所に行ったことがあります。こちらが100パーセント正しい、といった種類の裁判だったのですぐに終わりました。それでも弁護士を入れずに行ったために、何度も裁判所に通ってアドバイスを受けながら訴状を作ったり色々な打ち合わせに参加したりしてかなり大変ではありました。正直、もうやりたくはありません。裁判所というのがまず楽しい場所ではありませんし、テンションは下がる一方ではありました。
簡易裁判所の裁判というのはテレビでやる大きい裁判とは違ってかなり事務的でスピーディーです。それだけ多くの裁判が日々行われているということでもあります。被告と原告が言い争うという場面は全くなく、すでに書面でのやりとりで完結しているような感じでした。判決の日にちなどが淡々と決められていって、短い時間でまた次の裁判へと移っていくといった感じでした。もうお世話になりたくない場所ではありますが、いい経験となりました。エピレ 予約