本当の地味弁当は、狙って作るものではない

どうも地味弁当をブームにしようと、雑誌もネットもあれこれ持ち上げているようですが・・・。
もともと地味弁当派の私からすると、狙って作った地味弁当は地味弁当に見えないんですよね。
なにげにお高い切り身の焼魚が入っていたり。
意外とカラフルだったり。
インスタ映えばなれとか言われていますが、インスタで地味弁当を検索してみると、どうみても地味弁当じゃない画像がたくさん出てくるので笑えますよ。
では、本当の地味弁当とはどういうものか。
とっても簡単。きちんと作らなければいいんです。
地味弁当は、栄養重視で見た目パッとせず手間もかけない弁当なのです!(えばるな)
例えば、常備菜できんぴらや煮物を作っておき。
朝弁当箱にご飯を詰めて、常備菜をのっけるだけ。
せいぜいだし巻き卵ぐらいは作って加えましょうか、という具合。
これで地味弁当の完成です!
他にも、野菜たっぷりと豚肉を炒めてご飯にのっけるだけの焼肉弁当とか。
地味弁当を作りたければ、楽をすればいいだけですw