わきが手術をしようと思ったきっかけはいじめでした。

私は24歳の時に初めてわきがの手術をしました。手術をしようと思ったきっかけは学生時代のいじめでした。社会に出てからもいじめはありました。臭いという言葉が聞こえてくると自分の体臭で迷惑をかけてしまっているのかと思って本当に辛かったです。小学校の頃から自分はお風呂に入っても臭いなと思っていました。中学になると男子があいつすごく臭いという言葉を聞いて自分は臭いんだなと思うようになりました。高校を卒業して社会に出てからも「あの人わきがで困るわね」という言葉に傷ついてこれ以上はたえられないと思って手術をしてもらおうと決意しました。受ける時は怖かったですがこれでわきがを卒業出来るんだと思うと心が救われました。お金は両腕で30万かかりましたが手術後はあの独特な臭いが無くなって本当に幸せでした。傷は残りましたが臭いがなくなってくれて人からも臭いという言葉を聞かなくなったので本当に良かったです。東京の病院に通うのが大変でしたが受けて良かったです。